新着記事

人気記事

『ヘキサギア 1/24 バルクアームβ 標準仕様 キットブロック』が予約開始!

シェアする



予約受付が開始されました!!

↓↓↓ご購入はこちらから!↓↓↓
ヘキサギア 1/24 バルクアームβ 標準仕様 キットブロック































ヘキサギア 1/24 バルクアームβ 標準仕様 キットブロック
参考価格: ¥6,820

設計:KOTOBUKIYA

バルクアームβは名機と評されつつも実戦運用を経る中で問題点を指摘されつつあった「α型」に対して改修を施した第二世代のヘキサギアである。開発・製造は「α型」と同じく軍産複合体MSGによる。
本機体の外観的特徴は主に脚部に現れており、脚部に移動用の補助装置を備える事で「α型」と比較すると巡航速度に大きな向上が見られる。これはバルクアームシリーズ、特に「α型」が耐久性に優れた装甲材を使用しているが故に機動力が犠牲になっており、戦闘車両など他の陸戦兵器との連携が難しかった事に対する一つの改善案である。
この高速化改修に合わせて頭部も「α型」から変更され、より汎用性を高めた中~近距離戦闘に適したセンサーを備えた機動戦を重視したモデルが採用されている。
搭載火器についてもメーカーから出荷された直後の状態である標準仕様ではサブマシンガンとヒートナイフといった最低限のものにとどめられており、ここにも高速化というコンセプトが表れている。
他にもα型との相違点として腕部作業肢のフレームの可動範囲の拡大があり、各種動作の自由度向上に伴い近接格闘における戦術も幅広いものとなっている。作業肢先端は「α型」から引き続きアイアンフィストを採用しているため、これを用いた打撃による格闘攻撃も同じく高い威力を発揮する。特にホバーユニットによる加速からの打突は有用な突撃戦術として知られている。
ガバナーは、機体が配備された瞬間から各々の任務や地形、戦況に応じた機体へとカスタムしていくため、上記のような標準仕様で出撃するものは少数である。
ある者は敵から奪い取った銃火器を増設し、またある者は装甲で固めた機体に白兵戦用の大型刀剣などを装備して戦場に赴く。
デベロッパーであるMSGが当時流通させていた兵器の多くが本機体を強化するための部材となり、数えきれない程のカスタム機が生み出されていったことは戦場に出たことがあるガバナーであれば誰もが知っている。

【商品仕様】
■頭部センサーを防護するバイザーは可動させることができます。
■クローズドタイプのコックピットは開閉し、別売りのガバナーを搭乗させることができます。
※形状的な制約がございますので、一部パーツを取り外す必要がある場合があります。
■手首フレームは「バルクアームβ ランバージャック」と同様にユニバーサルジョイント構造により「バルクアームα」よりも高い可動域を誇り、幅広いポージングが可能です。

■足首に装着したホバーユニットは取り外しが可能となっており、付属パーツを使った組み換えによって、ガバナー用ホバークラフトとしても遊ぶことができます。また、ホバーユニット下部の「ファン」や後部「ラダー」を可動させることができます。

■マシンガンの弾倉部は取り外すことができる他、弾薬ディテールまで再現されています。また弾倉は左右どちら側にも取り付けることができます。

■ヒートナイフにはヘキサグラム装填孔が設定されており、付属のヘキサグラムPCと3mmジョイントを使用して本体の各部3mm径ハードポイントに取り付けることができます。

■お好みでオプションパーツのブルアーマーを脚部に装着して重装甲タイプにすることができます。

■本体成型色はヘキサギア ブースターパック003〈デザートバギー〉やM.S.G ギガンティックアームズ ワイルドクローラーと同じデザートカラーのため未塗装でも組み合わせがしやすくなっています。
※バルクアームβ本体腹部のセンサーに使用するクリアーパーツは無色クリアー成型となります。

■オプションパーツを用いて、バルクアームαの頭部2種も組み立てることができます。

↓↓↓ご購入はこちらから!↓↓↓
ヘキサギア 1/24 バルクアームβ 標準仕様 キットブロック

新着記事

人気記事

新着記事

人気記事